映画: 2006年5月アーカイブ

ミラーを拭く男

| | コメント(4)

映画『ミラーを拭く男』

ogata.jpg
定年間際の男が交通事故を起こす。幸い被害者の女性は軽傷で済んだのが、事はそれだけで終わらなかった。事故の原因となった見通しの悪い交差点に来ると思い出す事故の映像、被害者側の執拗な責め立て、家族との距離感。ある日、病院に行った男はうつ症状と診断される。その日、男は市内にある全てのカーブミラーを一人拭き始めた…。

タイトルに騙される。

内容を知らずに見始めた時はどんなシュールな映像が出てくるのかワクワクしていたが、内容はいたって真面目。とはいっても想像が外れてがっかりしただけで、ストーリーは素晴らしい出来だった。タイトルでだまされる映画は多々あるが、良い方向で騙される数少ない例。

騙されたつながりではないが、近所のレンタル店で『銀河ヒッチハイク・ガイド』の貸し出しが始まった時のこと。『銀河ヒッチハイク・ガイド』の隣に名作『俺たちに明日はない』が置いてあり、手書きの POP にこう一言 「俺たちに足はない」。バンダミング・アクションといい、心に深く残るフレーズを考え出す映画関係者には頭の下がる思いだ。

このアーカイブについて

このページには、2006年5月以降に書かれたブログ記事のうち映画カテゴリに属しているものが含まれています。

前のアーカイブは映画: 2005年12月です。

次のアーカイブは映画: 2006年6月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.12