ビジネスモデル: 2005年11月アーカイブ

バブ

| | コメント(4)

寒いときはやっぱりお風呂で温もりたい。そのお風呂を素敵に演出するアイテム、入れて楽しい入って嬉しい花王のバブを購入した。

バブがまだ泡を出している状態の時に入るのが良い。肌を伝わるシュワシュワを楽しむために。だが体を洗うのに手間取り、水面上に浮き上がって今にも散り散りになりそうになっていた。慌てて飛び込んでしまった為に、バブは湯船から溢れ出るお湯にのって排水溝へと流れさってしまった。なぜバブは流れさってしまったのか?

水面に浮いていたからと仮定してみよう。しかし最初は沈んでいた。なぜ途中で浮き上がったのだろう。バブから生まれる気泡が関係しているのではないだろうか。閉じ込められていた炭酸ガスがバブから分離する時、炭酸ガスに掛かる浮力はバブにも働く。バブ本体が溶け始めの大きな時では「バブに掛かる重力<気泡の浮力」となり、結合力の弱いバブと気泡が分離してしまう。そのままバブが小さくなるにつれて重力と浮力の差も小さくなって行く。それがバブと気泡の結合力を下回った時、バブは気泡につかまって浮かび上がるのではないだろうか?

最後まで浮かび上がらないバブの糸口が見えそうだ。どんなにバブが小さくなろうとも、遠慮なく飛び込める日が来るかもしれない。

このアーカイブについて

このページには、2005年11月以降に書かれたブログ記事のうちビジネスモデルカテゴリに属しているものが含まれています。

前のアーカイブはビジネスモデル: 2005年8月です。

次のアーカイブはビジネスモデル: 2006年5月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ビジネスモデル: 2005年11月: 月別アーカイブ

Powered by Movable Type 4.12