ビジネスモデルの最近のブログ記事

http://www.papertoilet.com/
ホイールもしくは上下にドラッグでコロコロ

| | コメント(10)

とうとう胃腸薬のお世話に。

先々週ぐらいから食後に胸焼けをするようになり、風邪を引いた事もあって診てもらったら過酸症状と言われた。原因は食べ過ぎ・飲み過ぎ・タバコ・ストレスなどあるだそうだが、飲まない吸わないの自分で当てはまるのは食べ過ぎとストレスぐらい。そういえばここのところ、ヨーグレットばかり食べていた。

ヨーグレットのおまけ

子供の頃、バス酔いのする自分はよくこのヨーグレットを酔い止め代わりにしていた。舐めているとヨーグレットさん達が括約筋(食道の出口にもあるのだ)を応援してくれてるようで、気持ちが随分楽になったのを憶えている。弱い縦揺れの中たまに来るとっさの横Gに耐え切れず、ヨーグレットさんごとコースアウトする事もあった。

そんなヨーグレットは息の長い製品で、発売が1979年、27年間愛され続けて来ている。27年間バス酔いの子供たちを助けてきていると考えたらこれはすごい事だ。

現在売られている物に、ランダムで にこにこヨーグレット という、ニコニコマークが印字された粒が入っている。いつぞやのコアラのマーチの まゆげコアラ みたいな物かな。これを一度見てみたく、毎日バクバク食べていたのだった。

胃腸薬にもおまけを

ふと胃腸薬の錠剤を見ていて、これにもまゆげコアラやにこにこヨーグレットみたいな、レアリティある印刷を施してみたらどうだろうか、と思いついた。これなら少し、食後が楽しみになるかもしれない。でも、やっぱり健康が一番だ。

バブ

| | コメント(4)

寒いときはやっぱりお風呂で温もりたい。そのお風呂を素敵に演出するアイテム、入れて楽しい入って嬉しい花王のバブを購入した。

バブがまだ泡を出している状態の時に入るのが良い。肌を伝わるシュワシュワを楽しむために。だが体を洗うのに手間取り、水面上に浮き上がって今にも散り散りになりそうになっていた。慌てて飛び込んでしまった為に、バブは湯船から溢れ出るお湯にのって排水溝へと流れさってしまった。なぜバブは流れさってしまったのか?

水面に浮いていたからと仮定してみよう。しかし最初は沈んでいた。なぜ途中で浮き上がったのだろう。バブから生まれる気泡が関係しているのではないだろうか。閉じ込められていた炭酸ガスがバブから分離する時、炭酸ガスに掛かる浮力はバブにも働く。バブ本体が溶け始めの大きな時では「バブに掛かる重力<気泡の浮力」となり、結合力の弱いバブと気泡が分離してしまう。そのままバブが小さくなるにつれて重力と浮力の差も小さくなって行く。それがバブと気泡の結合力を下回った時、バブは気泡につかまって浮かび上がるのではないだろうか?

最後まで浮かび上がらないバブの糸口が見えそうだ。どんなにバブが小さくなろうとも、遠慮なく飛び込める日が来るかもしれない。

アイス

| | コメント(4)

風呂上りに楽しみにしていたパピコが、冷凍庫に入っていて溶けていた。すごくガッカリする。凍っている、いないで価値が激動するのは実に興味深い…(激動というとドキュメンタリーな気分に浸れる)。

そういう訳でアイスはモナカ系を良く食べる。モナカの部分はブロック状になっているのだが、メーカーによって分割数が違う。多分食べやすさか何かの企業戦略があるのだろう。これは夏休みの自由研究に使えるのではないだろうか?研究材料に困っている方は是非利用して頂きたい。

メーカー 商品名 分割数 補足
商品イメージ 長辺 短辺
森永 チョコモナカ ジャンボ 18 御歳33才のモナカ界重鎮。
最多の分割数で大人から子供まで、
無理なく口にできるフレンドリーなサイズ。
jumbo.jpg 6 3
ロッテ モナ王 4 ユーザーに媚びない分割数。
まさに王の名に相応しいモナカ。
唯一横に割れない珍しいタイプ。
モナ王 4 1
ロッテ 旨みモナカ 12 岩塩と旨み、男のアイス。
分割数はオーソドックスに仕上げてある。
旨みモナカ 6 2
グリコ ザックス 8 湿気防止に挑んだ一品。
パリパリ感は随一か
ZACS 4 2

お葬式

| | コメント(2)

地元には有線放送があり、週に一度おくやみ放送で亡くなられた方をお知らせする。
夏になると大往生を遂げられる方が多くなるそうな。
言われて見ればなるほど、うちの家系も全員夏だ。

一昔前、お世話になった方のお葬式に参列する機会があった。
小雨の降りしきる中でご焼香の順番を待っていた時の事。
5・6歳ぐらいの子供と若い母親らしき女性が前に並んでいたのだが、
仏前に来て突然子供が、「なんでタマゴふりかけかけるの?」と言い出した。
ご焼香に使う抹香がタマゴふりかけに見える、そう言っているのだ。

「これから焼香するけど抹香とふりかけどっちがいい?」
棺桶に入りながら、そんなセレクティブな質問を受ける機会があれば
ふりかけで、できればサケで、と答えたい。
おいしそうな香りがただようお葬式も、
世に一つはあってもいいのではないだろうか。
そこにはビジネスの可能性もまた秘められている気がする。

マッコウクジラのマッコウは、抹香が語源だと言う。INT+1

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちビジネスモデルカテゴリに属しているものが含まれています。

次のカテゴリは思い出です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ビジネスモデル: 月別アーカイブ

Powered by Movable Type 4.12