雑記: 2005年7月アーカイブ

Comic Baton

| | コメント(3)

ログブックとラキアよりComic Baton

本棚に入ってる漫画単行本の冊数
150冊程度
小説の方を良く読む。
今面白い漫画
皇国の守護者
同名の原作小説が好きなので。
最後に買った漫画
20世紀少年 (19)
続きが気になる描き方が上手すぎる。「ひみつのしゅうかい」ザラ半紙に驚いたのは自分だけじゃないはず…
よく読む、または特別な思い入れのある5つの漫画
  1. エリア88
    情熱と哀愁を感じさせる独自のセリフ回しに惚れる。
    グエンやマッコイじいさんがいい味している。
  2. AKIRA
    もっとも気に入ってるのは背景の書き込み量。描いててプルプルしなかったのだろうか…
  3. 風の谷のナウシカ
    同名映画の原作。読むとナウシカに対するイメージが少し違ってくる。
  4. 伝染るんです
    元祖二足歩行をするかわうそ漫画。そろそろハワイに行かせてあげて。
  5. BLAME!
    この作者に島根の計画都市をデザインさせたい。

バトン>渡ってないのはサキさんぐらいかな?

スペースシャトル

| | コメント(2)
ufo.jpg

スペースシャトルの打ち上げを見た。ビルのようなロケットが空に向かって昇っていく姿は、人間ってのは本当にすごい!と実感する物だった。 2000トンの重量のうち、約95%がオービタを宇宙へ持ち上げる為に使用される。これだけの推進剤をわずか10分弱で消費するのだから、リポーターが言う「衝撃で地面が揺れている」という表現も大げさではないのだろう。

この1回の打ち上げに掛かる費用は500億円とも700億円とも言われている。高度100万キロに辿り着く費用を仮に500億円として考えると、1メートル上昇する為の費用は50円。対してロケット花火は100円程度の上等な物で10メートル上昇する。メートル単位の費用は10円だ。ロケット花火x5=スペースシャトル。そう考えると、親近感が湧いてくる。

生きているうちに宇宙旅行が出来るよう、みなさんには頑張って欲しい。

とうもろこし

| | コメント(2)

町内の夏祭りに参加した。

子供の頃は青いケミカルなカキ氷と焼きイカを買って、屋台の裏で食べるのが自分達の中で"通"とされていた。そこでは発動機がうなっており、雑多な騒音が融けだした闇が、大人の気分を少しだけ味見させてくれた。新聞の一面がTV欄ではないと知った時のように。

今年はとうもろこしを買って帰った。コーンを一粒づつ取って食べる癖はなかなか抜けない。途中で面倒になって、がぶーっと食べるんだけどね。食べ終わった芯に残された跡を見る。コーンがキレイに抜けた前半分と、ぐちゃぐちゃになった後ろ半分。この後ろ半分こそ、誘惑に負けてしまった自分に思えてしまう。とうもろこしの芯は心を映し出す鏡のようだ。

茹でたとうもろこしは、冷めてしまうと糖度が落ちるそうな。おいしく食べようと思ったら豪快にくらいつく方が良い。どうしても残ってしまったときは、牛乳とコンソメを混ぜてコーンポタージュにする手もあり。最近はダイドードリンコのコンポタ缶見ないなぁ…。

ござ

| | コメント(2)

ベッド用のござを購入した。とは言っても、ただ単にベッドの下敷きに合う大きさのござなのだが、通気性の良さと井草の香りのおかげで寝心地は抜群。夏の暑さも全然気にならないわボブ、と言うと嘘になるが、かなりましになる。

一つ難点をあげるとすると、顔に畳目模様が付いてしまう事か。だがこの畳目こそ、通気性を保つ重要なファクターであると考えると、むげに叱る事もできない。彼だって好きで縞縞模様になってる訳じゃあない。

形の成り立ちには必ず理由があるはずだ。ドングリは丸い形をしている。これは親元の木から遠くへ転がるように出来ている。お池にはまる為でもなく、ドジョウと仲良く遊ぶ為でもないのだ。

歯ブラシ

| | コメント(3)

歯ブラシがいい加減くたびれていて買い換えようと思っていても、ついつい先延ばしにしてしまう。柄でもぽっきり行けば「大往生したなぁ」と買い替える気になるのだが、ブラシ部分がしんなりした程度では「まだお前は頑張れる!」となる。誰が悪いわけでもない、自分の稼ぎが悪いのだ。

そうやって毎日頑張ってくれていた歯ブラシさんが、本当にポッキリ逝ってしまわれた。歯ブラシ立てから取り出す時は垂直に持ち上げるところを、不完全な状態で手前に引っ掛けてしまったのだ。図で説明するとこうなる。
brush.png

こうして新しく購入した歯ブラシがこの ソラデー3。名前だけ聞くとふざけたトイレの芳香剤のようだが、実はすごい仕組みを持っている。取っ手部分にソーラーパネルが仕込んであり、ブラシ部分の半導体で発生した電子が歯垢を除去する。まるで半導体工場の電解イオン水でウエハを洗浄する工程をブラッシングに流用したような、かなり本格的な物である。

実際の使用感というと、がっかりした事に普通の歯ブラシと変わりはなかった。ソーラーパネルと言う言葉にうまく乗せられた気もする。だが、取っ手に埋め込まれたソーラーパネルは、ブラッシングをする者の心を捕らえて離さない何かがあるのも確かだ。子供たちの夏休みの工作が、屋根いっぱいにソラデーを乗せたソーラーカー、なんて時代が来るのかもしれない。

このアーカイブについて

このページには、2005年7月以降に書かれたブログ記事のうち雑記カテゴリに属しているものが含まれています。

次のアーカイブは雑記: 2005年8月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.12